ANAいっしょにマイル割を考えてみる

ブログ開設から気が付けば1年たってしまいました。
もう少し頻繁に更新したいものの、集中して更新する時間がつくれず、気ままな更新になっていますが、それはそれでいいのかな、と思って、このペースで、続けることを目標に続けてみたいと思います。

さて、「いっしょにマイル割」。
聞いたことはあるものの、あまり活用しようと思ったことがありませんでしたが、本当に活用しがいがないのか、まじめに考えたことがなかったので、
一度、お得度合いを考えてみたいと思います。

「いっしょにマイル割」とは

まず、「いっしょにマイル割」とは。

ANAマイレージクラブ会員ご本人様を含む、2~4名のグループ旅行で、同一路線往復利用の場合におトクにご利用いただけます。

ANA「いっしょにマイル割」ページより

同一路線往復
会員様ご本人どの路線でも 10,000マイル
+
ご同行者様(3名まで)お一人様あたり 21,000~36,000円
とのこと。

ちなみに、マイルやプレミアムポイントは、
搭乗ポイントなしの75%のようです。
(1人目・会員本人はマイル、プレミアムポイント積算なし)

会員本人の料金は、10,000マイルですむわけなので、路線によっては、お得なような…
しかし、同行者の料金が割高であれば、微妙なところ。

また、GW、ピーク(2019年7月12日~2019年8月1日、2019年8月19日~2019年8月31日)、そして、利用できない期間(2019年8月2日~2019年8月18日)が設けられています。
(すべて、2019年3月31日~10月26日において)

ピークはともかく、利用不可期間もあり、なかなか扱いの難しい運賃体系ですが、路線をいくつかピックアップして比較してみたいと思います。

羽田-広島路線のケース

まずは、需要が少ないかもしれませんが、
yokuyoku的には、一番高頻度に乗る可能性がある、
実家がある広島との、羽田-広島路線を見てみたいと思います。

いっしょにマイル割の料金テーブルに従うと
1人目 10,000マイル
2~4人目 21,000円(GW、ピーク時も21,000円)
となります。

私の感覚的には、帰省費用としては、
片道1人あたり10,000円前後で、納めたいところなので、
2~4人目の料金としては、妥当、というところです。

ただ、1人目が10,000マイル必要なのであれば、
マイルで乗るよりも、10,000円前後の料金で乗って、マイルは他のことに使ったほうが有効なのでは、、、という気がしてしまいます。

時期・時間帯によっては、片道15,000円やそれ以上の料金を選択せざるを得ない場合もあると思いますが、そういった際に限って利用することになりそうです。

羽田-千歳路線のケース

続いて、北海道・札幌に行く場合を考えてみたいと思います。

いっしょにマイル割の料金テーブルに従うと
1人目 10,000マイル
2~4人目 26,000円(GW、ピーク時は31,000円)
となります。

千歳路線ともなれば、
週末ですと、15,000円を切る料金はなかなか出てこないことが多いので、
基本的には、お得に使える感じではないでしょうか。

羽田-千歳の特典航空券も、往復15,000マイルと、いっしょにマイル割を使うケースよりも多くマイルが必要になるので、総合的に判断するケースが多くなりそうですが、有効なケースが多く出てきそうです。

羽田-那覇路線のケース

3つめのケースとして、那覇路線を考えてみたいと思います。

いっしょにマイル割の料金テーブルに従うと
1人目 10,000マイル
2~4人目 26,000円(GW、ピーク時は36,000円)
となります。

羽田-那覇路線は、千歳路線と同様に、週末ともなれば、片道1人当たり15,000円を超えてくるケースもあるので、お得といえる気がします。

とはいえ、曜日・時間帯を選べば、
10,000円を切る料金のことが
羽田-千歳線よりも多かったりする印象もあるので、
空席状況に応じて使い分け、といったところでしょうか。

また、羽田-那覇は、特典航空券だと、往復18,000マイル必要なので、そういった観点からも有効なケースかと。

ちなみに、羽田から、石垣や、宮古は、往復2万マイルが、特典航空券の場合、必要になるので、最もお得に使えるといえそうです。

まとめ

いっしょにマイル割、なかなか面白い運賃ですが、
私がお得だとありがたいな、と思った、半端な距離の国内線では、
あまり頻繁に出番はなさそうです。
今回ピックアップはしませんでしたが、羽田-大阪路線も、広島とさほど変わらなそうです。

一方、千歳や那覇といった、比較的長距離の国内線では、
タイミングがはまれば、週末や3連休をうまく活用できそうな運賃だとわかりました。

国内線だと、BA aviosや、Unitedのマイルの出番のほうが多そうですが、
選択肢が多いというのは大事なことなので、
頭の片隅に入れておきたいところです。

ちなみにaviosの話はこちらもご覧いただければ。

どうもyokuyokuです。 帰省事情 yokuyokuの実家は、 広島県の福山市というところで、 広島県でも東側の岡山県に...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。