牧志公設市場でごはんを食べた

今年の那覇出張の際、
牧志公設市場で、ごはんを食べましたので、
一旦営業終了してしまったこともあり、
記録がてらのメモ。

牧志公設市場

正式名称は、
「第一牧志公設市場」かな。

国際通りから、ドン・キホーテの隣の
市場本通りを入ってしばらく進んだところにありました。

老朽化・建て替えのため、
2019年6月16日を最終営業日として、営業終了。

上記の記事にもありますが、
7月1日から、西側に約100メートル離れた「旧にぎわい広場」で営業。
新市場は2022年4月、現在の場所にオープンする予定とのこと。

きらく食堂

過去にも何度か行ったことのあるきらく食堂に。

公設市場で、最初に連れて行ってもらったのが、ここで、
それ以来、公設市場でごはんを食べるとなると、ここ。

頼んだメニューは、
ソーキそば 大(650円)、と

ソーメンちゃんぷるー(イカ墨味)(800円)

一人で食べるには、多すぎました。
大反省。

しかし、この、イカ墨ソーメンちゃんぷるーは、
ここのが一番おいしいと思う。

あんまり、イカ墨ソーメンちゃんぷるーを置いてあるところも
多くないような気もするし。

あとは、翌日ギョッとするので、
その点も注意ですかね…

7月からの仮設の公設市場にも、移転して営業するようなので、ひとあんしん。
次にいつ、沖縄行けるかわからないけれど
行けたら、きらく食堂行きたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。